2017/05/17

講 釈 婦 人


なかなか更新するのを忘れていまして

帰ってきた2日後に書きかけてたところから、3ヶ月後にスターチオです。






とんこつらーめんを2回食べたら

身体が絶好調に戻りました

どうも僕です。



「いしがきじまにいっておもったこと」


沖縄本土はアメリカ軍と一緒に資本主義が押し寄せてしまってて

パラダイス感を失った雰囲気が存分で

「南国=アメリカ」

これは違うぞ、なんだかな~と思っておりまして

そんなところ

「南国=ハダカ」

で、石垣島に着地しました



親友が先に移住していたということもあり

さくっとディープな懐にもぐり

色んなものを見て回りました


最近やっとファミリーマートとイオンスーパーが出来たくらいで

若干の資本主義は来ているものの、まだまだぜんぜん手付かずで

ローカルの金物屋とか、スナックとか、商店とか共存しています

それがすごい懐かしくて、子供のときの記憶がフラッシュバックtoユー

仲松商店ってローカルんとこでビール買ってたんですけど

何度か通ううちにまけてくれるようになったり

ビールと散歩してた公園の広場では中学生がラップバトルしてたり

雨風強いのにジャングルジムであそんでるやついたり


アテンドしてくれてるダチがせっかちだからかもしれないけど

みんなすげーゆる~い雰囲気かましてるナイスな人ばかり

地元民がやってるお土産やも、やる気なんてまるでなくて

その横でどか~んと派手にビル建ててワシャワシャやってるってギャップもまたよくて

感じは独特だな~と


効率が悪いとか、無駄だって思えることが沢山あるんだけど

それって文明が行き届いて便利に染まってしまってる僕らがそう感じるだけで

ただ生きていくにはそんなたいしたことでもなかったりする


実はそういう無駄を味わいに南国にいってるようなもんで

南国に行ってコンビニ探してたりしてる時点で、本末転倒なわけだよね


「全部投げ出して住みたいか?」と聞かれれば「まだいいや」

そういう返答になる(笑


ただ、違う生活習慣ってのが、うらやましい気持ちが押し寄せてるだけで

気の合う仲間と時間があれば、住んでるところなんて実はどこでも良くて

面白いことなんて、自分たちで作っていけばいいだけ

それを無理してそっちに寄せちゃうから話が曲がっちゃう

「楽しくやるために、自分が何をやるか、何が出来るか」

それだけでいい

一人でも、楽しいことなんていくらでも出来るんだけど

仲間もが人もおりゃさらに楽しくなる

んで、3人が10人づつ集めりゃ30人

もうちょっとしたお祭り



毎日ワクワクするようなことやっていきたいんだよね

毎日同じ時間に起きて毎日同じ仕事こなして帰って寝るだけ

そのルーティンをちょっと変えるだけで色んなところに目が行くようになんだよね

その感覚を蘇らせるのが「トリップ」って手段

新しい刺激や、忘れてた感覚が蘇るんだよね

その刺激が大きければ大きいほどいい

たくさん持続するから

一人でも家族とでもいいからトリップしてみなよ

予定も決めずに何も考えずに行き当たりばったりで

トラブルがいっぱいあると思うんだけど、それがトリップだから。

そのトラブルが後々やくだってくることもあるんだし

ビビッてちゃなにも起きないよ

PEACE